脂肪吸引で気になるメタボ解消~ぽっこりお腹もぺったんこ~

先生

脂肪を取る美容整形

注射

アフターケアが大事

脂肪吸引手術は最も確実にサイズダウンできる美容整形です。フェイスライン、ウエスト、ヒップ、下腹部、太ももなど、脂肪がつきやすい部分をピンポイントで狙って吸引できます。まず手術の前に入念にカウンセリングをして、落としたい脂肪を部位を決めます。吸引する部分をマーキングし、全身麻酔または局所麻酔をしてからカニューレという細い吸引管を入れて脂肪層から脂肪細胞を吸引します。手術後はフェイスマスクやガードルなどで患部をガードしておく必要があります。脂肪吸引はアフターケアがとても重要です。24時間サポート体制を整え、アフターケアをしっかりしてくれるクリニックを選ぶことが、仕上がりを左右する大事な鍵になります。

注射で痩せる

手術をする脂肪吸引に抵抗がある場合は、切らない脂肪吸引もあります。切らない脂肪吸引の代表格が「脂肪溶解注射」です。クリニックによってはメソセラピーやイタリアンメソセラピーなどという名称で手術をしています。脂肪溶解注射は、注射器だけで痩せる手術です。切る脂肪吸引のように大きな変化は望めませんが、わずかにボティメイクしたい場合やセルライトを取り除きたい場合に有効です。注射をしてすぐには痩せず、時間をおいて少しずつ痩せていきます。代謝を上げて脂肪細胞を溶かして消失させるので、なくなった脂肪の分はリバウンドしないのも魅力です。注射をするだけでよいので、買い物、仕事、学校の合間にもできる簡単なプチ整形です。